メインイメージ

中庭の家

敷地の三方を道路に挟まれた立地条件から、プライバシーを確保する 為にコートハウスの手法を用い、自然(外部)を積極的に取り入れた 都市型住宅である。

特徴として、室内外に様々な仕掛けを設けている。 収納される遮音間仕切り、駐車場を庭に変換できる大建具、視線を 遮り風だけを通す外塀、浴室から眺めと室内換気の為の坪庭など、 全てはこの住宅の住環境を良質なものに変換させる為に用意されている。

建築場所 静岡県
用  途 専用住宅
構造規模 木造2階建
敷地面積 205.65m²
建築面積 127.36m²
延床面積 183.69m²

設計監理担当:大矢雅祥


back