「コスタリカ戦」

2022.11.28


まさに日本のサッカーでした。

ドイツ戦もコスタリカ戦も。

サッカーはサッカーでしか解決出来ない。ドーハ組の北澤も言ってた。

選手も監督も、物凄いプレッシャーの中でしょうが…

次、勝つしかありません!

さぁ!

スペイン戦もソファの前で応援します!終わったら、ゴミ拾いです。

今週は、もやもやの中、図面です。

 


「さぁ、コスタリカ戦だ」

2022.11.27


先日の日本代表のドイツ戦は、素晴らしかった。まさに日本がイメージしていた勝ち方でしたね。

それには、4年間代表を率いてチーム内をよく分かっている監督の存在と、その下で監督を支える、選手を支える様々な方々が居たと報道で聞きました。

だからですよね、代表選手は本領を発揮出来る。

様々な方々が一丸となって、一つの目標と向き合う、しかもスポーツで。

改めてサッカーって、魅力的なスポーツだと感じます。人類の素晴らしい発明だ!

さぁ、今夜はコスタリカ戦!

今日は家のソファで…ながら観戦します。試合の後は、ゴミ拾いです。

https://www.jfa.jp/respect/declaration/

日本サッカー協会(JFA)では「リスペクトプロジェクト」を立ち上げ、この精神の浸透を図っています。

 


「伝統文化って」

2022.11.26


文化や工芸は、暮らしを豊かにしてきた知的財産。それが時代と共に愛され続け「伝統文化」になると…ここまでは良いんです。

でも、もう時代に逆行していて、世間から需要も無く、価格や生活などとも合わないような文化や工芸に、なぜそんなに手厚く保護をするのだろうかと思った時期があって…若い頃。何故に伝統文化を保護するのか、、と腑に落ちなかった。

昔にラジオで、文化により豊かさが循環されると聴いた際に、なるほどと思ったんです。

伝統文化は、自然の中に循環される技術や工芸だと知って凄くスッキリした感がありました。

伝統文化は、古くからあるから凄いんだと思ってましたが、結局は、自然から豊かさを感じる得るもので、時間を掛け時代の価値観に照合され変化していくものなんですね。

真逆だと感じてた科学やテクノロジーも、実は循環される文化に必要になっていくのかと思うと、なんだか全て繋がる気がする。

写真は、以前お会いした駿河竹千筋細工職人の神谷恵美さんの作品。

竹籤が織りなす曲線美、とても素敵でした。

さぁ、今日もクライアント様と打合せです!


New entry
Caterogy
Archives

Page Top