「現場監督」

2021.09.07


藤枝の「たこまん藤枝本店」の現場からになります。

この現場は、木造で約300㎡。木造の現場では大きい方なんです。

建設に携わる方は御存知ですが、そうなんです。今、木材が手に入らないんです。

ですが…この現場、ウッドショックを忘れてしまうかのように、現場には次から次へと木材が搬入されます。

きっと現場監督さんの力量なんでしょう!

勿論、店舗ですのでオープン日の時間まで決められておりますから、こうした約束事に応えるのも現場監督。

私は、とても無理ですね…。

自分の仕事は設計ですので、自分だけの仕事であれば期日までに間に合わせることは私も出来ますが、、、

建設現場は、全ての業者さんのスケジュールを把握し、間に合わせることが出来なければなりません。

簡単に言うと「リレー」に似てます。

監督さんは、経験豊富であることも重要ですが、やはり最後はハートが熱いかどうかなんですよね。

各現場の監督さんと話しをしますが、そんな気がします。

監督を中心に動く現場は、時に厳しく、時に優しく、現場毎に違った雰囲気があって、現場は楽しいです。

 

 

 

 


「冊子」

2021.09.02


 

建築家は、50になってから…なんて言う方がおりました。

50にして、ようやく建築家の仲間入りが出来るかもしれないという意味です。

私も20代、30代、40代と私なりに目標を定め、設計力を高めようとしてきました。

幾つかの目標は達成出来ましたが、出来なかったこともあります。

仕事に関する知識や技術は、この歳になりますと一定の範囲では身に付ついておりますが、

50代になり設計力というものを今度は、「人間力」に目を向けて、自分は何が出来るのか、

を目標にしていきたいと思います。

心は、いつまでも成長できると、何かで読みました。

今の自分は、昨日までの自分の積み重ねから出来ておりますから、失敗を恐れず、

自身のいきいきとした気持ちや感性で、さらなる高みに挑戦していきたいと思います。

と、格好のいいことを言いながらも、設計通りに、誰かなんとかしてくれないかなぁーと思いながら

日々、図面を描いております。(笑)

 

それと、新しい事務所の冊子が出来ました。

見たい方は、郵送にて送らせて頂きまーす!

 

 


本日は引渡しでした!

2021.08.20


完全に梅雨ですね。

こう長く雨降りだと、困りますね…。

写真は、本日、引渡しをさせて頂く平屋の住宅になります。

居間と繋がる土間空間は、いろんな使い勝手があるところが魅力的です。

子供の遊び場、物干し、植木の避難場所、来客スペースと、、、様々な用途と成り得る場所です。

昔の古民家にも必ずありましたが、今では絶滅危惧種的な空間。

設計事務所か古民家的な思考で施工させる工務店さんしか、作ってないでしょう。

衛生的にしておけば、全く問題ないんですけどね。

それから、島田工業高校の学生が夏休み返上で、建築コンペやアイデアコンペに挑んでおりました。

合計8名が教室で自身の課題と格闘しているということで、午後は少~しだけ応援に行ってきます

驚いたのは、建築コンペに挑むのが建築科の学生だけじゃなく情報電子科、都市工学科の学生も参加してるんですよ。

私も学生の時、運よく受賞して、未来が変わりました。

学生のピュアな目を見ながら、アイデアや思考を聞きたりすると昔を思い出します。

 

 

 


New entry
Caterogy
Archives

Page Top