「ヒヤリング」

2018.01.20


本日は、ベースプランの依頼で事務所でのヒヤリングをさせて頂きました。
クライアントのご家族の皆様、お疲れ様でした。1ヶ月半程度のお時間を頂きまが、ベースプランを楽しみにされてください。

当事務所では正式な依頼の前に必ずベースプランを製作しております。
その製作の前に最初に行うのことが、この「ヒヤリング」になります。
設計事務所に依頼して建物をつくるのであれば、一回目の打合せから建物が竣工するまでのプロセスまでを存分に楽しんで頂きたいと思います。
住宅であれば、一生を過ごす空間になりますし、店舗や施設ではコンセプトが見て取れる空間にならなければなりません。
設計では様々な事柄や要望を如何に、まとめられるかお施主様と当方とで行う打合せが大事なものになってきます。
ですので、打合せは真剣かつ楽しいものにしたいですね。

今後も宜しくお願い致します。

ohya


「高校生と会話しよう」

2018.01.19


本日は、商工会青年部の事業で市内の高校生と会話しようと題し市内の高校にお邪魔して来ました。
私共青年部が講師として、高校生にお仕事のお話しをするという目的で毎年継続されている素晴らしい事業です。
今年も参加してきました。
私が受けもった学科は、建築学科になります。40名程の学生がおりました。その中に女生徒も数名。
建築家を目指しているのか分かりませんが、女性も増えていますね。
高校2年生なので、これからどのような道に進むのか、これからの段階だそうです。
時間も短いので、建築の魅力を話すというのは無理がありますから、当事務所で設計した建築をプロジェクターで見てもらいました。
皆真剣に聞いてくださったので、凄く楽しく過ごせました。
そんな中、一人だけ建築家を目指す学生さんがいましたね。
私からみれば目の輝きが一人だけ違います。真剣に聞いてくれてましたね。

これから建築の業界も様々状況が変わってきます。
厳しい時代になると考えているのは、良い時代を過ごした方が言うことです。
今の学生に関係ありません。時代時代で建築家像も変化していくでしょう。
無くなりはしない業種です。安心して夢に向かって頑張てほしいものです。
目指せ建築家!まずは高校3年間で良き共と一緒に建築を語ろう!
学生コンペもありますから、是非、力試しをしてほしいですね。協力します。
先生方、当方に出来ることがあれば遠慮なくお伝えください。

ohya


「床材」

2018.01.18


静岡市の現場からです。
3月の竣工に向けて現場では、徐々に内装工事も始まりました。
床材が一部、貼られておりました。

床材を提供してくださるのは、事務所では長いお付き合いになります「北洋木材工業さん」。
木材のスペシャリストと言える木の事なら何でも相談できる会社になります。
今回の現場では、お施主様と吟味し、床材はレッドオークの無垢になりました。
レッドオークとだけあって少し一般的なオークよりも少し赤みがあって、木が生きている感じもしますね。
とても良い材料を提供してくださり、木の知識も豊富な集団ですので当方としても心強いパートナーです。

こういった専門の方に、当事務所も支えられ良い設計に集中できます。
イメージ以上の材料です!お施主様も喜んで頂けると思います。感謝です!

ohya


New entry
Caterogy
Archives

Page Top